ロッキードマーティン社よりエリートサプライヤー認定を取得

■HOLT社がロッキードマーティン社よりエリートサプライヤー賞の認定を取得
株式会社ナセルが正式代理店を務める米国HOLT社が、世界最大の航空機製造会社であるロッキードマーティン社よりエリートサプライヤーの認定を受けました。
この地位を獲得できるのは、ロッキードマーティン社と取引を行う何千社もの部品供給会社の中で上位1%未満です。


■エリートサプライヤー賞とは?
参考リンク:https://news.lockheedmartin.com/2019-09-12
エリートサプライヤー賞とは、ロッキードマーティン社による「優良サプライヤー認定プログラム」において、最上位の地位を表します。
同社は、提携先の部品供給会社に対し様々な角度から分析と認定を行っています。例えば、信頼性が高く品質の良い部品の提供を行っているか、規定通りの納期で製品納入を行っているか、市場競争力のある価格を提示可能か、問題解決能力の高さはどうか、といった様々な要因を分析し、優良サプライヤーを認定しています。



■認定取得によせて
HOLT社は2003年より、重要なJDAM(Joint Direct Attack Munition)プログラム用として『MIL-STD-1553トランシーバー』をロッキードマーティン社に提供してきました。
エリートサプライヤー賞を獲得するためには長い道のりが必要となります。長期間にわたり、最高品質ないし完璧な製品、納品実績、強力な顧客関係を維持し、さらにはロッキードマーティン社による継続的な改善を求める企業文化を受け入れなければなりません。

HOLT社の社長/CEOであるDavid Mead氏は、次のように述べています。
「HOLT社の使命は、最高レベルの製品品質・納期厳守・顧客サービスをお客様に提供することです。エリートサプライヤー賞の認定を受けたことは、長きにわたる当社の取り組みと向上の証拠となるでしょう。」

さらにロッキードマーティン社のサプライチェーン・エクセレンスマネージャーであるNeal Holland氏は、次のように述べています。
「我々にとってHOLT社は、長年にわたりJDAMプログラム用にトランシーバーを提供している重要なサプライヤーです。彼らは変化する困難な顧客ニーズを満たすために、製品の品質、配送、顧客サービスを頻繁に改善しています。」



■ Holt Integrated Circuitsについて
米国カリフォルニア州に社屋を構えるHOLT社は、航空アビオニクスや軍用機のデータバス及びディスプレイアプリケーション向けのIC部品の主要なサプライヤーです。
同社の製品は、世界中の400超のメーカーに採用されており、飛行制御、ナビゲーション、エンジン管理、通信、安全装置、機内エンターテイメントシステムに採用されています。
ARINC429規格をサポートするHOLT社のICシリーズは業界で最大シェアを誇り、そのMIL-STD-1553トランシーバーは業界最小で消費電力が最も低いと認識されています。さらに、MIL-STD-1553 integrated terminalsは15x15mmのシングルパッケージにプロトコル、トランシーバー、トランスフォーマーが統合されたパッケージ製品であり、最もコンパクトで費用対効果の高いソリューションを提供しています。その他のデータバス製品として、ARINC 717、CAN(ARINC 825)、イーサネット、RS-485/422、discrete-to-digital、およびアナログスイッチもあります。
一部の製品は、DSCC SMD仕様に対応しています。また、EUの「RoHS指令(95/EC)」に準拠した製品も提供しています。

2019/10/15

  • みつかるどっとこむ
  • メーカーから製品を探す